阪神先発・中田 2発浴びるなど5回4安打3失点、アピールならず

[ 2020年3月14日 16:01 ]

オープン戦   オリックス―阪神 ( 2020年3月14日    京セラD )

<オ・神>5回2死一塁、中川の右越え2ランを浴びた中田(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 開幕ローテーション入りを目指す阪神・中田はオープン戦初先発で2被弾を浴びるなど、5回4安打3失点とアピール成功とはいかなかった。

 2点リードの4回。先頭のロドリゲスにスライダーを捉えられ、中越えソロを浴びると、5回は2死から福田に中前打。続く中川には外角直球を右翼スタンドに運ばれ、2ランで逆転を許した。序盤3回まではコーナーを突く投球でオリックス打線を封じたが、打線が2巡目に入り、捉えられた。先発5、6番手を争う秋山、藤浪、飯田などがアピールする中、自身も好投といきたかったが、もったいない形で失点を喫した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年3月14日のニュース