ソフトB森、2年連続胴上げ投手 4連投で貢献「ゆっくり休みたい」

[ 2019年10月24日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2019第4戦   ソフトバンク4―3巨人 ( 2019年10月23日    東京D )

優勝を決め、最後を締めた森(中央)を中心に喜ぶソフトバンクナイン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは1点リードの9回は4連投となった守護神・森が締めくくり、2年連続の胴上げ投手になった。

 2死から亀井に四球は与えたが、最後は坂本勇を外角のカットボールで空振り三振。第1戦こそ失点したものの、その後は3試合連続で無失点に抑え「しっかりやった結果、ゼロで抑えられた。ゆっくり休みたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース