ロッテ 育成ドラフト2位の慶大・植田に指名あいさつ 3月に右肘手術「1日も早く支配下登録を」

[ 2019年10月24日 14:24 ]

ロッテから育成ドラフト2位指名された慶大・植田は指名あいさつを受け、笑みを浮かべる
Photo By スポニチ

 ロッテから育成ドラフト2位指名された慶大・植田将太捕手(4年)が24日、神奈川県横浜市の慶大学野球部合宿所で永野吉成チーフスカウト、下敷領悠太スカウトのあいさつを受けた。

 今年3月に右肘のトミージョン手術を受け、リハビリ中だが、球団側は素材の良さは同じ捕手でチームメートの郡司(中日4位)に匹敵すると評価し、指名に踏み切った。

 植田は「けがをしている中で指名していただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。しっかりとけがを治して、1日でも早く支配下登録を勝ち取れるよう一生懸命頑張ります」と意気込みを語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年10月24日のニュース