ソフトB・堀内が戦力外 現役続行希望、育成での再契約を検討「育成から支配下になったという自信はある」

[ 2019年10月24日 17:17 ]

球団事務所を訪れたソフトバンクの堀内(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは24日、堀内汰門捕手(23)に来季の契約を結ばないことを通告した。14年の育成ドラフト4位で入団。捕手の故障者が相次いだ昨年3月に支配下登録された。開幕1軍に入ったが、出場はなかった。

 ヤフオクドームの球団事務所を訪れた堀内は「悔しさはあるけど受け止めないといけない。育成から支配下になったという自信はある」と話した。現役続行を希望しており、球団側は育成での再契約を検討している。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース