ソフトB甲斐野 侍ジャパン追加招集 ルーキー唯一のメンバー入り

[ 2019年10月24日 11:20 ]

日本シリーズ第4戦で、気迫こもった投球を見せた甲斐野
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの甲斐野央投手(22)が、11月開催の「第2回プレミア12」に出場する侍ジャパンに追加招集されることが24日、分かった。ルーキーの中で唯一のメンバー入りとなる。

 侍ジャパンについては、楽天の松井裕樹投手が左肘違和感、森原康平投手が、右肘違和感のため出場を辞退すると発表していた。

 甲斐野は今季、チームトップの65試合に登板。前日23日の「SMBC日本シリーズ2019」第4戦では、1点差に迫られた6回2死一、二塁から4番手で登板。代打・石川をフォークで遊ゴロに仕留め、ピンチを切り抜けるなど好救援したほか、7回にはプロ初打席でバント安打も決めて、日本一に貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース