ソフトB甲斐野、ピンチ斬りで救った 初打席ではバント安打

[ 2019年10月24日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2019第4戦   ソフトバンク4―3巨人 ( 2019年10月23日    東京D )

6回2死一、二塁、気迫こもった投球を見せる甲斐野(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・甲斐野が好救援でチームを救った。1点差に迫られた6回2死一、二塁から4番手で登板。代打・石川をフォークで遊ゴロに仕留め、ピンチを切り抜けた。

 7回にはプロ初打席でバント安打も決め「打つ方は別に…」と照れたが、今シリーズは3試合に投げ計3回を1失点。今季、チームトップ65試合登板の新人右腕は「優勝が決まった時はうれしかった。握手したり、ハグした時に良かったなと思った」と感慨深げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース