ソフトB千賀、日本シリーズV3に充実感「誰よりも優勝を願っていた」

[ 2019年10月24日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2019第4戦   ソフトバンク4―3巨人 ( 2019年10月23日    東京D )

工藤監督(右)と抱き合う千賀(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのエース・千賀は「僕が誰よりも優勝を願っていた」と日本一3連覇を喜んだ。

 3年連続でシリーズ開幕投手を務め7回1失点で勝利投手となり4連勝への足掛かりをつくった。決して本調子ではなく「直球、カットボールと内角の(投げ)ミスがなかったことだけが良かった」と振り返る。エースの役目を果たし、充実感に浸っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース