中日ドラ4郡司、球団史上初の新人開幕マスク狙う 売りは「頭使ったリードや配球」

[ 2019年10月24日 05:30 ]

中日から指名あいさつを受けたドラフト4位・郡司(右から2人目)
Photo By スポニチ

 ドラフト制以降では球団史上初の新人開幕マスクを狙う。中日からドラフト4位指名された慶大・郡司が横浜市内の同大野球部合宿所で指名あいさつを受けた。仙台育英では3年間成績がオール5という頭脳派。「セールスポイントは頭を使ったリードや配球。チームを勝たせるところを評価してもらえたら」とアピールした。

 球団初の快挙へ向け「遠慮無くやっていきたい」と意欲。チームは谷繁元信元監督が引退後、正捕手を固定できていない状況が続く。それだけに米村明チーフスカウトも「捕手らしい捕手。総合的に見て安定している。レギュラーに一番近い」と期待を寄せた。主将として、来月2日からの早慶戦で91年ぶり2度目の10戦全勝を果たすのが当面の目標。自らの手で「勝てる捕手」を証明してみせる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース