ソフトB 塚田に戦力外通告 日本Sで40人枠入り…「気持ちの整理はまだついていない」現役続行希望

[ 2019年10月24日 17:58 ]

ソフトバンク球団事務所に向かう塚田(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは24日、塚田正義外野手(30)に来季の契約を結ばないことを通告した。

 11年ドラフト3位で白鴎大から入団。プロ1年目の12年7月に右膝関節の前十字靱帯(じんたい)の再建手術を受け、今年4月にも右膝の手術を受けていた。今季の1軍出場は18試合に止まったが、日本シリーズでは右の代打要員として40人枠に入っていた。

 ヤフオクドームの球団事務所を訪れた塚田は「気持ちの整理はまだついていない。体は元気なので野球を続けたい」と現役続行を希望。12球団合同トライアウトの参加については「考えている」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース