巨人、マシソン退団 球団所属せず東京五輪でカナダ代表入り目指す

[ 2019年10月24日 05:36 ]

巨人のマシソン
Photo By スポニチ

 巨人のスコット・マシソン投手(35)が退団し、プロ生活に終止符を打つことを明かした。試合後「今日をもってジャイアンツのユニホームを脱ぎます。自分の思い描く投球が以前と比べてできなくなった」と目を潤ませながら話した。

 12年に入団し、13、16年には最優秀中継ぎ投手に輝いた。昨年8月に米国で左膝を手術し、オフにはエーリキア症に感染した影響で、今季は28試合の登板にとどまった。今後は球団に所属せず、来年開催される東京五輪でカナダ代表入りを目指す。

 また、ゲレーロは今後代理人との交渉に入り、残留の可能性がある。メルセデス、デラロサは残留見込みで、ビヤヌエバ、クックは退団の可能性が高い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース