BCリーグ スポーツトレーナー育成に関し「The Stadium」と初提携

[ 2019年10月24日 18:59 ]

スポーツトレーナー育成に関して初提携を結び、笑顔を浮かべる「ジャパン・ベースボール・マーケティング」の村山哲二代表取締役社長(左)と「The Stadium」の山田晃広代表取締役社長
Photo By スポニチ

 独立リーグの「ルートインBCリーグ」がスポーツトレーナーを育成、支援する「The Stadium」とスポーツトレーナー育成に関して初提携を結び、24日に都内で提携調印式が行われた。

 「The Stadium」の山田晃広代表取締役社長は「アスリートはトレーナーを選ぶことができないことが多い。安全に長くプレーを続けられるよう、この提携がBCリーグ全体の活性化につながってほしい」とあいさつ。来季以降、スポーツトレーナーを志す若者や学生が「The Stadium」を通して、BCリーグ各チームでトレーナーのインターン活動を行うことが可能になるという。

 「ルートインBCリーグ」を運営する「ジャパン・ベースボール・マーケティング」の村山哲二代表取締役社長は「トレーナー、コンディショニングコーチの体制はこれまでの大きな課題の一つだった。そういった意識の高いコーチ、監督がいて、施設がしっかりしているチームが実際に強いチームになっている」と説明。今後に向けては「若者たちがBCリーグでスキルを磨き、選手や審判員はもちろん、トレーナーもNPBやMLBを目指すことができる。大きな可能性を感じている」と語った。

 その後、提携調印式の会場となった東京医療専門学校の建石泰三事務長らを交えてトークディスカッションを開催。「BCリーグ」のトレーナーが学生たちの就職先、そして選手たちのセカンドキャリアになり得る可能性に加え、国内では少ない女性トレーナーの今後の可能性についてなど、トレーナーの現状や将来の在り方に関して活発な意見交換が行われた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース