亜大先勝 松本健が12奪三振で初完投初完封「絶対に完封しようと思っていた」

[ 2019年10月24日 05:30 ]

東都大学野球 第7週第1日   亜大3―0国学院大 ( 2019年10月23日    神宮 )

<亜大・国学院大>12奪三振完封と好投した亜大の松本健
Photo By スポニチ

 1回戦3試合が行われ、亜大は国学院大に3―0で先勝。松本健吾投手(2年)が3安打で12三振を奪い、リーグ戦初完投初完封を果たした。既に優勝を決めている中大は東洋大を、立正大は駒大をそれぞれ下した。

 亜大は2年生右腕・松本健がリーグ戦初完封で先勝に導いた。最速144キロの直球にスライダー、フォークを織り交ぜて12奪三振。「ストライク先行で相手に凡打させて攻撃につなげることだけ考えていた。三振はその結果だがうれしい」と笑顔を見せた。

 東海大菅生ではエースとして3年夏に甲子園4強。今季は前節の駒大戦で初の1回戦先発を任された。2点リードの9回に打ち込まれて降板しサヨナラ負けしたが「1戦目はチームの顔でエース。絶対に完封してやろうと思っていた」と奮起。有言実行の快投だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース