日本ハム・武田投手コーチ ダル&大谷の「遊び心」の重要性説く

[ 2019年10月24日 05:30 ]

フォトセッションでおどけた表情を見せる武田投手コーチ(右)につられて笑顔を見せる(左から)矢野外野守備兼打撃コーチ補佐、栗山監督
Photo By スポニチ

 日本ハムの武田勝投手コーチと矢野謙次外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐が、千葉・鎌ケ谷の球団事務所で就任会見を行った。

 ブルペン担当となる武田コーチは、球団OBのダルビッシュ(現カブス)や大谷(現エンゼルス)が持っていた「遊び心」の重要性を力説。「(2人は)その心があったからプラスアルファの力が生まれた。若い投手は一つの四球、安打を気にして窮屈になる。余裕を持たせてあげられるような環境づくりをしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース