千賀 右肩違和感のため侍ジャパン辞退 大竹、甲斐野、嘉弥真が追加選出

[ 2019年10月24日 18:20 ]

ソフトバンク・千賀
Photo By スポニチ

 11月2日に開幕する国際大会「プレミア12」に出場する侍ジャパンメンバーの変更が24日、発表された。ソフトバンク・千賀滉大投手(26)が右肩違和感のため辞退。既に21日に発表されていた楽天・松井裕樹投手(24)、森原康平投手(28)に続き、3人目の辞退者となった。

 新たに巨人・大竹寛投手(36)、ソフトバンク・甲斐野央投手(22)、嘉弥真新也投手(29)の3投手が追加選出された。
 以下選手コメント

 ▽大竹 「突然のことで驚いていますが、選出していただいたからには全力で、与えられた役割を全うします。チームのために、日本代表として頑張ります」

 ▽甲斐野 「凄く光栄に思っています。アピールの絶好の機会だと思うので、1年目らしくのびのびとプレーをして、しっかり自分が持っている力を出したいです」

 ▽嘉弥真 「正直驚いています。日の丸を背負ってのプレーが初めてになるので緊張すると思いますが、チームに貢献できるように頑張りたいと思っています」

 侍ジャパンでは、楽天の松井裕樹投手が左肘違和感、森原康平投手が右肘違和感で出場を辞退している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース