アストロズ 世界一奪還の合言葉は「TAKE IT BACK!」 地元には便乗商法も…

[ 2019年10月24日 02:30 ]

ワールドシリーズ   アストロズ4―5ナショナルズ ( 2019年10月22日    ヒューストン )

「TAKE IT BACK」グッズが並ぶチームストア
Photo By スポニチ

 【Wシリーズ舞台裏】アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークを歩いていると、「TAKE IT BACK!(奪回せよ!)」の文字が目に飛び込んでくる。今季、チームが掲げたスローガンで、昨季レッドソックスに奪われた世界一の座を取り戻そうという意味だ。

 今やヒューストンの人々の合言葉で、チームストアには「TAKE IT BACK」Tシャツやパーカが並び、来場したファンには応援タオルも配られる。“便乗商法”も現れ、地元ミュージシャンが「LET’S TAKE IT BACK」というヒップホップの曲を2日間で作り、地元レストランは「TAKE IT BACK」なるメニューをシリーズ期間限定で用意した。

 ちなみにナショナルズのスローガンはシーズン中は「STAY IN THE FIGHT(戦い続けろ)」だったが、今は「FINISH THE FIGHT(戦いに終止符を打て)」。選手やファンの士気を高め、連帯意識を育む取り組みは、大リーグ全体で広がりつつある。(奥田 秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース