巨人、サカマルが大ブレーキ 坂本「やられっ放しで悔しい」丸「最後まで貢献できなかった」

[ 2019年10月24日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ第4戦   巨人3―4ソフトバンク ( 2019年10月23日    東京D )

9回2死一塁、坂本勇が三振に倒れゲームセット(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人打線はソフトバンク投手陣を最後まで攻略できなかった。4戦でわずか10得点。レギュラーシーズンのような勢いは影を潜めた。

 特に5年ぶりのリーグ優勝に導いた2番・坂本勇と3番・丸の「サカマル」が徹底マークされた。今年のチームを象徴する2人がともに13打数1安打で打率.077。坂本勇は「やられっ放しで悔しい。技術不足」と言い、丸は「最初から最後までチームに貢献できなかった」と悔やんだ。CSファイナルSでMVPに輝いた岡本は6回に2ランを放ったが、今シリーズは打率.188だった。「またしっかり練習して頑張ります」と雪辱を誓った。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース