ソフトB柳田、工藤監督と“抱擁” 今季は長期離脱も最後は笑顔

[ 2019年10月24日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2019第4戦   ソフトバンク4―3巨人 ( 2019年10月23日    東京D )

樽酒を浴びる柳田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・柳田は勝利が決まると、工藤監督に飛びつかれて喜びを分かち合った。第2戦でソロ本塁打を放つなど第1戦から3試合連続打点。日本一に貢献し「最高のチームメート。ホークスはチーム一丸、そこだけです」。

 松田宣、グラシアルの本塁打が印象に残ったといい「ここ、というところで打ってくれる。カッコ良すぎて、こんな男になりたいと思った」。今季は左膝裏の肉離れで長期離脱もあったが、最後は笑顔で締めくくった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース