アストロズ黒星スタート 19連勝中の剛腕コールが5失点、5カ月ぶりの負け投手

[ 2019年10月24日 02:30 ]

ワールドシリーズ   アストロズ4―5ナショナルズ ( 2019年10月22日    ヒューストン )

<アストロズ・ナショナルズ>5回、ソトに2点タイムリーを打たれ、汗をぬぐうコール(AP)
Photo By AP

 アストロズは先発コールが7回5失点で5月23日以来の負け投手となり、自身の連勝は19でストップした。「スライダーが良くなかった。ソトは全方向に打ち返していたし、自分のアプローチを守っていた。良い打者はそういうもの」と脱帽した。

 投打にスター選手をそろえ、有利とされる中、本拠地で迎えた頂上決戦で黒星スタート。ワールドシリーズ5試合連続本塁打の新記録を達成した1番・スプリンガーは「そんな記録より今日は勝ちたかった」と悔しがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月24日のニュース