慶大から最多4人指名 ソフトB5位の柳町「パワプロでよく使うチームなのでうれしい」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

慶大から4人が指名され、笑顔を見せる(左から)津留崎大成、郡司裕也、柳町達、植田将太(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 慶大は6人がプロ志望届を提出し、今ドラフトでは1チーム最多の4人が指名された。最速153キロ右腕の津留崎は、慶応高3年秋に右肘じん帯再建(トミー・ジョン)手術を受けて大学2年の春までリハビリ生活を送った苦労人。楽天3位に「こんなに早く呼ばれるとは…。則本投手や岸投手など素晴らしい投手がいる」と気持ちを高ぶらせた。

 高校(仙台育英)、大学と日本代表を経験している主将・郡司は、中日の印象について「正捕手争いに加わりたい」と気合十分。東京六大学リーグの通算100安打男・柳町は「ソフトバンクは“パワプロ”でよく使うチームなのでうれしい」。植田は右肘手術を受け、リハビリ中ながらロッテの育成2位で指名され「野球がもうできないと思っていた」と目に涙を浮かべて喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース