楽天の仙台育英出身2年目西巻が戦力外 育成契約提示されるも「もし他球団から話があれば…」

[ 2019年10月18日 18:58 ]

楽天の西巻賢二内野手
Photo By スポニチ

 楽天の西巻賢二内野手(20)が18日、戦力外通告を受けた。仙台市内の球団事務所を訪れ、来季は育成選手での再契約を提示された。

 「チームの方針上、育成(選手)になってほしい、ということだった」と明かした上で、今後については「まだ分からない。もし他球団から話があればとは思っているけど、なければ(楽天で)育成契約になる」と説明した。

 仙台育英で15年夏、17年春夏と3度の甲子園出場経験があり、17年ドラフト6位で楽天入りした。1年目の昨季は高卒ながら1軍で25試合に出場。ただ、2年目の今季はわずか2試合の出場にとどまった。「上で活躍できていない。1軍の戦力になれるとは言いがたい部分はある。バントやチーム打撃にはまだまだ課題があるので磨いていきたい」と話した。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース