阪神・矢野監督“西ガッツ”歓迎 仙さんネクタイが結んだ縁「夢のある投手に」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

記者の質問に答える阪神・矢野監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 3球団競合での奥川の抽選は、矢野監督が2番目に引いた時点ですでに当たりクジはなかった。それでも外れ1位にもまた、甲子園を沸かせた高校生投手を指名。その逸材は星野魂を受け継ぐ創志学園の西純矢だった。

 「西君のようなタイガースファンの大好きそうな選手を獲れたので、ホッとしてます」

 最速154キロを誇る奥川とも同格の素材で、もちろん将来のエース候補。昨年1月に死去した恩師・星野仙一氏の形見分けで譲り受けたネクタイをこの日も着用。思えば同じ岡山球界で活躍した右腕と縁があったのだろう。闘志むき出しの投球スタイルも闘将の現役時代を彷彿とさせる。

 「(星野氏との縁があった)ほんまやな。星野さんに似てるもんな。奥川は取られたけど。もしかしたら星野さんが“西で良かったんじゃないか?”ってね。星野さんだって“ああいう投手はええやんけ”と言ってくれそうな投手だと思う」

 2年生で出場した昨夏の甲子園ではマウンド上で繰り出す激しいガッツポーズを高野連から注意された。しかし現在では試合中に見せるガッツポーズが代名詞の矢野監督は容認の姿勢。むしろ矢野ガッツ以上の“西ガッツ”を大歓迎だ。

 「俺よりすごいガッツポーズするやん。西君しかできない投手になってもらうことが一番。西君を目指すような子どもたちが現れるような、そういう夢のある投手になってくれたらうれしい。ファンに夢を与えてほしいし、自分自身も夢を追ってもらいたい」

 星野氏の座右の銘でもあった『夢』という言葉を引用してメッセージを送った。また西勇輝とは遠縁。「同じ西という投手がもう1人います。それもタイガースファンは楽しみにしてると思う。甲子園で早く会えることを楽しみにしています」。矢野阪神2年目はダブル西が引っ張っていく。(山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース