ヤクルト 奥川「エースになる」松井以来の星稜から1位指名!球友に宣戦布告も

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

ヤクルト1位指名が決まり、ボールを手にポーズをとる星稜・奥川(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの交渉権が確定した瞬間、星稜・奥川恭伸(18)は表情を一つも変えず、テレビ画面だけを見つめていた。

 「ずっと夢だったのでうれしいです。(ヤクルトは)チームとファンの方が一体となって、温かみのあるチームという印象。一番は勝てる投手というのを目指してやっていきたいと思っているので、チームのエースになれるように成長したい」

 通常通り6限の授業を終えてから中継を見守った。いつも食べているという目玉焼きと味噌汁などの和朝食を食べて登校。体育の授業ではソフトボールを行い、「ツーベースとヒットと、スリーベースでした」と3打数3安打に笑顔だった。

 小4からバッテリーを組む山瀬も巨人から5位指名を受け「上のステージで対戦できたらいいなと思う」と、今度はライバルとなる球友に宣戦布告。星稜から直接のプロ入りでは92年の巨人・松井秀喜以来の1位指名となり、林和成監督からは「松井さん以上に活躍してほしい」と大きな期待をかけられた。(長谷川 凡記)

 ▽松井秀喜の92年ドラフト 高校No・1スラッガーとして注目を集め、中日、ダイエー(現ソフトバンク)、阪神、巨人の4球団が競合。抽選は中日から始まり、最後の残り1枚を巨人・長嶋茂雄監督が手にした。封筒を開いた瞬間に右手親指を立て、満面の笑み。監督復帰後、最初の大仕事を成し遂げ「オープンしまして、思わずうれしくなって。幸運でした」と喜びを表現した。松井は150人の報道陣に見守られ、「長嶋さんにはいろいろ褒めていただいて、クジも引いていただいて感謝しています」と謙遜した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース