佐々木はロッテ! 井口監督引いた、最多4球団競合「日本一の投手になりたい」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

ロッテに1位指名され、笑顔で胴上げされる大船渡・佐々木(中央)=撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日、都内のホテルで行われ、大船渡・佐々木朗希投手(17)は最多の4球団から1位指名を受け、ロッテが交渉権を獲得した。最速163キロを誇り、令和最初のドラフトで最も注目を集めた「令和の怪物」は、エンゼルス・大谷翔平投手(25)の持つ日本人最速165キロ超えとともに、チームを日本一に導く活躍を目標に掲げた。

 緊張から解放され、笑みがこぼれた。佐々木は大船渡市内の公民館から、テレビでドラフト会議を観戦。4球団から名前を呼ばれても終始真剣な表情で、ロッテが交渉権を引き当てる段階でも表情は崩れない。国保陽平監督から握手を求められたところで、ようやくプロ入りを実感した。

 「ほっとしています。どこの球団になるかなと思いながら、緊張していました。(うれしさは)100%です」

 高校史上最速163キロ右腕の進路を見届けようと、集まった報道陣128人、テレビカメラ15台の前で笑顔。テレビ画面越しに井口監督から「世界に羽ばたける選手。ぜひ千葉を一緒に盛り上げていきましょう」と呼びかけられた際は、力強く2度うなずいていた。

 ロッテは近年、藤原、安田、平沢と高卒選手を1位で獲得し、若い力にあふれる球団。佐々木は「12球団で応援が一番凄い。(井口監督は)日本だけではなく、メジャーでも活躍されて凄い方だなと思っています」と印象を話した。特に話を聞きたい選手については「まだまだ足りないところがたくさんあるので、全員に聞きたい」。穏やかな雰囲気で受け答えた。

 プロ入り後の目標について問われると、野望を宣言。「日本一の投手になってチームを優勝に導きたい。(球速も)日本最速は超えられたら」。プロ野球最速は現エンゼルスの大谷が持つ165キロだ。同じ岩手出身で、158キロで左腕最速のマリナーズ・菊池も引き合いに出し「(大谷と菊池の)お二方は偉大な投手。追いつき追い越せで頑張りたいと思います」と言い切った。同じ岩手から巣立った先輩たちの背中を追っていく。

 「(大船渡では)決して楽な道ではなかったし、思うようにいかない時もあった。でもたくさんの支えがあって成長できた。自分が活躍する姿を届けて少しでも元気を届けたい」

 岩手の公立高校からドラフト1位指名されるのは史上初。この日も野球部員全53人の仲間とその保護者37人が駆けつけ、佐々木の将来を見守ってくれた。さらなる輝きを上のステージで見せる。(武田 勇美)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース