エンゼルス・マドン新監督の就任発表 15年ぶり古巣復帰「2度目の世界一をもたらす」

[ 2019年10月18日 02:30 ]

エンゼルスの新監督に就任したジョー・マドン氏(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 大谷が所属するエンゼルスは16日(日本時間17日)、新監督に今季までカブスで指揮を執ったジョー・マドン氏(65)が就任したと発表した。

 米メディアによると、3年総額1200万~1500万ドル(約13億800万~約16億3500万円)。エ軍にはベンチコーチだった05年以来15年ぶりの復帰となり、来週に就任会見を行う。マドン監督は球団を通じ「“我が家”に戻り、監督をできるなんて、これ以上の興奮はありません。ファンに(02年以来)2度目の世界一をもたらす機会を楽しみにしています」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース