中大 30季ぶり25度目V 8回に6点奪い逆転 大工原主将「素直にうれしい」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

東都大学野球 第6週第2日   中大7-6立正大 ( 2019年9月17日    神宮 )

優勝を決めて胴上げされる中大・清水監督
Photo By スポニチ

 2回戦が行われ、中大が7―6で立正大に逆転勝ちで勝ち点4とし、04年秋以来となる30季ぶり25度目の優勝を決めた。2位で追っていた国学院大が東洋大に敗れ、残り試合に全勝して勝ち点で並んでも勝率で上回れなくなった。中大は、明治神宮大会(11月15日開幕)に出場する。

 30季ぶりの優勝が決まると、ベンチからナインが雄叫びを上げ、飛び出した。清水達也監督が胴上げで宙に舞う。大工原主将は涙が止まらなかった。

 2位・国学院大が負けて、勝てば優勝の大一番。4点差を追う8回に4長短打などで一気に6点を奪って逆転。「何点差があっても諦めない。優勝は素直にうれしい」と大工原。昨年は春秋とも入れ替え戦に回って残留する苦渋を味わったが、今年になってチームは成長し、春は2位。牧が日米大学選手権で4番を務めるなど軸ができた。

 亀井(巨人)が主力だった04年もチームを率いていた清水監督は、つらい経験を乗り越えたことに「試合を楽しみながらやっている」と目を細める。チームが掲げる「逆襲」のドラマが完結した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース