ロッテ1位指名・佐々木 女手一つで育ててくれた母にプロで恩返しを

[ 2019年10月18日 07:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

笑顔で質問に答える大船渡・佐々木(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】ロッテ1位指名の大船渡・佐々木は今夏の岩手大会中に再三、母・陽子さんへの思いを口にしていた。「ここまで野球をやらせてもらい、親に迷惑をかけた。勝つことが恩返しになる」。11年の東日本大震災で父・功太さんが犠牲になってしまって以来、女手一つで育ててもらった。

 生まれて初めて海外へ出たU18W杯でも、母のありがたみを感じた。キムチやニンニク料理が苦手で、開催国・韓国の食事が口に合わない佐々木は体重が減少。そんな息子に陽子さんは、「何か食べられるものを」と、日本からカルピスやカップラーメンを差し入れに選手宿舎まで駆けつけてくれた。

 岩手大会決勝では投げずに敗戦、U18W杯では右手中指の血マメの影響で1イニング登板にとどまるなど悔しい姿を見せる場が多かった。プロのマウンドで最高の笑顔を見せて恩返しする。(遊軍・武田 勇美)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース