明大・森下、広島が一本釣り 大学No・1投手「新人王を目指す」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

ドラフト会場から駆けつけた佐々岡監督(左)からIDカードをプレゼントされる明大・森下(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 「プロ野球ドラフト会議 Supported by リポビタンD」が17日、都内のホテルで行われ、広島は明大・森下暢仁投手(22)を単独1位指名し交渉権を獲得した。最速155キロを誇る大学No・1投手は、プロ1年目の目標に新人王を掲げ、将来的に球界を代表する投手への成長を誓った。

 「本当に1位で指名されたんだな。幸せな気持ちです」

 喜びの会見から1時間も経たず、あいさつに訪れた佐々岡監督と初対面。「C」マークの入った帽子をかぶせてもらい「チームの一員としてしっかり結果を残さないといけないという気持ち」と端正なマスクを引き締めた。その姿に、佐々岡監督も「いい男なので、カープに合っていると思います」と喜びを隠さなかった。

 最速155キロを誇る大学No・1投手。大分商時代から注目されたが「プロには行きたかったが、不安が大きかった」と大学進学。4年間をかけて確実に成長を遂げドラフト1位でプロの門を開いた。明大から直接のプロ入りも、ドラフト史上最長となる10年連続に伸ばした。

 即戦力として、V奪回の力になる覚悟はできている。1年目の目標は「まずローテーションに入ることを目標にして、新人王を目指して頑張りたい」と宣言。将来的な目標には「球界を代表する投手」と言い切った。佐々岡監督も「うちのチームは若いので、その中に入って次のエースを目指してほしい」と期待を寄せた。

 広島の印象を聞かれると「一度も行ったことがない」と苦笑いしたが「野球に対するファンの方の熱い思いがある街」と希望を膨らませた。さらに「小さい頃から(現ドジャースの)前田健太投手を見てきた。エースとして勝てる投手」と赤ヘル軍団との縁も強調。明大の先輩である野村の存在も心強く「プロでどう過ごせば活躍できるか聞いてみたい」と目を輝かせた。

 今回のドラフトで自身を含め「BIG3」と称された大船渡・佐々木、星稜・奥川はいずれも複数球団から1位指名された。「1位のメンバーには負けないようにやっていきたい」と負けん気ものぞかせた。すぐに結果が求められる存在だけに「先発投手として勝てる投手になりたい」と思いをはせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース