日本ハム1位は即戦力左腕・河野 ソフトB柳田を「直球で抑えたい」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

色紙に目標と感謝の辞を書き込みポーズを決める河野(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 日本ハムは河野(JFE西日本)を1位指名。運命の瞬間、社員制服に身を包んだ左腕は、オリックスとの抽選に勝った栗山監督が画面に映ると表情が和らいだ。「始まってすぐでしたけど、長く感じた。“いつかプロになりたい”と小学校から野球を続けてきた」

 外れながら堂々の1位。1メートル74、81キロと上背はないが、高卒3年目とは思えない完成度は即戦力にふさわしい。9月10日の阪神2軍との練習試合では、4回3安打無失点と能力の高さを示した。

 憧れはソフトバンク、巨人で活躍した杉内俊哉だ。「小学校の時からテレビとかで見ていて、自分と同じで大きくない体なのに、チームを勝ちに導ける。足の上げ方とか、よくマネをしましたね」。通算142勝を挙げた左腕をお手本に、夢舞台にたどり着いた。

 徳島県出身で、北海道は「行ったことがない」。対戦したい相手にソフトバンク・柳田を挙げ「自信のあるストレートで抑えたい」。左腕の視界は良好だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース