ヤクルト3位・杉山 “ライアン先輩”を手本に「戦力になれるように」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

ヤクルトに3巡目で指名され野球部員から胴上げされる創価大・杉山(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ヤクルト3位指名の創価大・杉山晃基(22)は、大学の先輩である小川を手本にプロの道を進む。「小川さんがいるので、背中を見ながらチームの一員として、戦力になれるように成長したい」と抱負を述べた。

 東京都出身で、幼少期に初めて野球を観戦したのが神宮だった。「縁がありますし、初めて見た球場でできるのはうれしい」。最速154キロの直球を武器に1軍を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース