マー君 PS自身初の1試合3失点以上 6回途中まで粘投も勝ち投手ならず

[ 2019年10月18日 11:28 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ   ヤンキース―アストロズ ( 2019年10月17日    ニューヨーク )

<ヤンキース・アストロズ>ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦に先発登板したヤンキース・田中(AP)
Photo By AP

 ヤンキース・田中将大投手(30)が17日(日本時間18日)、本拠地ニューヨークで行われたアストロズとのア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)第4戦に先発登板。6回途中4安打4失点(自責3)で降板し、今ポストシーズン3勝目とはならなかった。また、渡米後のポストシーズンで1試合3失点以上を記録したのは自身初となった。

 田中は、2年ぶりのワールドチャンピオンを目指すア軍を相手に中4日での先発マウンドとなり、負ければ優勝へ王手をかけられる大事な試合。第1戦に続き通算205勝右腕グリンキーとの投げ合いなった。レギュラーシーズンで今季107勝を挙げた強力打線に対し田中は初回、2死から四球で走者を出したが4番・ブレグマンを遊飛に打ち取った。

 1点の援護をもらった直後の2回は7番・コレアを空振り三振に奪うなど3者凡退。しかし、3回に先頭から四球、安打と無死一、二塁とピンチを迎え、1番・スプリンガーに同シリーズ2本目のアーチとなる逆転3ランを浴びた。続けて連打で1死二、三塁と再び得点圏に走者を背負ったが後続を抑えて切り抜けた。

 4、5回はともに3人で終えてリズムを取り戻したが、6回に先頭を味方の失策で出塁を許したところで降板。結局、5回0/3で85球を投げ、4安打4失点(自責3)2四球1奪三振でマウンドを後にした。

 ここまで渡米後のポストシーズンでは、通算7試合で5勝2敗、防御率1・32と抜群の成績を残していた田中。ポストシーズンでの1試合3失点以上は自身初で、負け投手となれば、この日と同じくア軍と対決した17年リーグ優勝決定シリーズ第1戦以来、2年ぶりとなる。

 チームは初回に先制するも逆転を許した後は流れを取り戻せず、打線がア軍投手陣を攻略できていない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース