法大コンビ“顔”目指す 広島2位・宇草「鈴木誠也選手のように」ロッテ5位・福田「中村奨吾選手が目標」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

広島2位指名の法大・宇草は尾形スカウト(右)、高山スカウト(左)に帽子をかぶせてもらい笑顔
Photo By スポニチ

 即戦力の法大コンビが、それぞれチームの顔を目標に挙げた。広島2位指名の宇草が「鈴木誠也選手のようなスケールの大きい選手になりたい」と言えば、ロッテ5位指名の福田は「中村奨吾選手のような打って守れる選手が目標」。

 宇草は東京六大学リーグでしのぎを削った明大・森下と同じ広島からの指名に「高校、大学と日本代表でも一緒で、よく連絡もする。負けないように頑張る」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース