楽天2位は智弁和歌山・黒川 夢はでっかく「4割打者」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

智辯和歌山・黒川 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天は2位で黒川(智弁和歌山)を指名。5季連続の甲子園出場を果たした大型内野手はドデカい目標を掲げた。「打つことが一番自信ある。日本人が誰も達成していない“4割打者”という目標を達成したい」。

 憧れは同じ二塁手の浅村で「いつかは超えられるようになりたい」と抱負を語った。父は三木新監督の上宮時代の2学年先輩で、指揮官は「可愛がっていただいた先輩の息子さん。これも何かの縁。まずは中心選手になるための土台をつくってほしい」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース