中日、3球団競合制し石川ゲット 根尾と「昂」コンビ 与田監督2年連続の剛腕発揮

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

地元・中日から1位指名された石川は、笑顔でガッツポーズ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 今年も「剛腕」ぶりを発揮した。中日・与田監督は当たりクジを引いた右手でガッツポーズ。2年連続で複数球団による競合を制し強運ぶりを発揮した。

 「交渉権確定の文字を見るのが快感。今年もこの字が見られた。本当に運が良かった。石川君のドラゴンズに入りたい気持ちと、われわれのぜひ来てほしい気持ちが一致した」

 昨年は根尾(大阪桐蔭)を4球団競合の末、最初にクジをつかんで引き当てた。今年は2番目だったが「順番通り、上から行こうと思っていた」と素直に上にあった封筒をつかんだ。昨年同様、験担ぎはしなかった。

 前日16日に1位指名を公表し、いち早くラブコールを送った成果が実り、ヤクルト、広島、ロッテとともに事前に1位を公言した球団が意中の選手との交渉権ゲットとなった。

 東邦の会見場で待機していた石川は「地元で良かった」と一息ついた。高校通算55本塁打のスラッガーはU18W杯では全8試合で4番を務め打率・333、1本塁打。国際大会で木製バットへの対応力を示した。

 チームは今季リーグトップの打率・263をマークした一方で、90本塁打は最少。総得点563もワースト2位と長打力不足が露呈した。与田監督は「右左関係なく長打力ある選手は魅力」と高く評価。将来的に石川と根尾の2人が打線の中軸に並ぶ構図を描く。

 父・尋貴さんは「努力してどこまでも高く登っていけるように」という思いを込め、名前の1字に「昂」を選んだ。くしくも根尾と同じ漢字。小学生時代にドラゴンズJr.に選出された共通点もある。

 石川と根尾。強竜復活に向けてチームの顔となる役者がそろった。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース