ヤクルト・高津新監督いきなり大仕事!抽選連敗止め星稜・奥川“引いた”

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

奥川の交渉権を引き当てたヤクルト・高津監督(左)=撮影・西尾大助
Photo By スポニチ

 神妙な顔つきが一気に和らいだ。折り畳まれたクジを開くと「交渉権獲得」の文字。ヤクルト・高津監督は右手を高く上げた。

 「一度(箱の中を)混ぜて、手に当たった封筒を引こうと思っていた。どうしても投手を強くしたいと言った手前、絶対に引いてやろうと思っていた」

 1日に新監督に就任したばかり。初の大仕事を見事にやってのけた。球団としては抽選で9連敗中、外れ1位も含めれば11連敗中だったが、日米通算313セーブを記録したレジェンド守護神が連敗ストッパーとなった。

 今季のチーム防御率は4・78。739失点は12球団ワースト。投手の補強は急務だった。当初、球団内では大学No・1の評価をしていた明大・森下を推す声も多かったが、新指揮官が奥川指名を熱望したという。最速154キロ右腕に白羽の矢を立てると、自身の「推しメン」を自らの手で引いてみせた。

 自信はなかった。CDを購入したが、パッケージを開くと中身が入っていないことがあった。自家用車で高速道路に乗ろうとしたら、直前で通行止めになったこともある。「運はない方だと思う」。しかし、朝に衣笠剛球団社長らと明治神宮を参拝。神にすがった。「(運を)持ってないと思っていたが、残ってくれていた」。来季以降のチームの命運を占う場面で幸運を引き寄せた。

 奥川は今夏、甲子園の智弁和歌山戦で延長14回を完投し23奪三振を記録するなど、星稜を準優勝に導いた超高校級右腕。「即戦力だと思って指名している。1軍で活躍してほしい。真っすぐに力があって、変化球も素晴らしい。エースとしてヤクルトを支えてほしい」。べたぼれの右腕とともに最下位からの巻き返しを目指す。(黒野 有仁)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース