東洋大、接戦制しタイ ロッテ2位指名の佐藤都も活躍

[ 2019年10月18日 05:30 ]

東都大学野球 第6週第2日   東洋大3-8国学院大 ( 2019年10月17日    神宮 )

8回、右越え適時二塁打を放った東洋大・佐藤都
Photo By スポニチ

 東洋大は、同点に追い付かれた8回に一挙5点を奪って試合を決めた。

 2死二塁から9番・津田が中堅へ勝ち越し適時打を放つと、ここから怒とうの5連打。接戦を制した杉本泰彦監督は「よくつないでくれた。この1勝は大きい。最下位もあるかもしれないが、腹をくくってやろうと選手には話した」とナインをねぎらった。ロッテからドラフト2位で指名された佐藤都も2安打2打点と活躍した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース