西武、東芝・宮川を1位指名 辻監督「即戦力として最高の投手」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

色紙に「大事な所で任される投手」と書いてLポーズを決める東芝・宮川(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 東芝・宮川は外れ1位で西武と巨人の2球団が競合。抽選で西武の交渉権が確定すると、最速154キロ右腕は「悔しい気持ちは二度としたくなかった。素直にうれしい」と表情を緩めた。2年前は上武大からプロ入りを目指したが、無念の指名漏れ。社会人へ進み、「全ての面で成長した」と投球フォームを改善し、球の質や切れが増して球速も5キロアップした。

 奈良県出身で、生駒ボーイズ時代は今季首位打者に輝いた正捕手の森と対戦経験もあり「打撃も良くて、頼もしい捕手」と話した。クジを引き当てた辻監督は「即戦力として最高の投手」と期待する。3年越しの夢をかなえ、「今からがスタート。先発、抑え、どこでもいいので、なるべく早く1軍で大事なところで任せられる投手になりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース