阪神1位・西純矢、目指せ西勇輝 親戚ローテ実現へ「技術的なこと聞きたい」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

阪神の1位指名を受け、遠戚にあたる西勇輝に負けじと雄たけびをあげる創志学園・西純矢(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 目指すは西勇輝さん!「プロ野球ドラフト会議 Supported by リポビタンD」が17日に都内で開催され、阪神からドラフト1位指名を受けた創志学園(岡山)・西純矢投手(18)は、遠縁にあたる阪神・西勇輝投手(28)の背中を追うことを誓った。最速154キロ右腕は目標に「沢村賞」を掲げ、プロの世界に飛び込む。

 自らの名前が読み上げられると、安堵の表情を浮かべた。「すごくドキドキしていたので、ホッとしました。本当に自分の名前なのかなとビックリしました」。西の運命の糸はこの日、阪神とつながった。いや、もしかしたら、そもそも西と阪神は「縁」で結ばれていたのかもしれない。そう思いたくもなるような、巡り合わせだ。

 「一緒にプレーするのが楽しみな選手は、西勇輝さんです。遠い親戚なので。技術的なことであったりとか、いろいろなことを聞けたらと思います。自分がコントロールの部分が課題なので、西勇輝さんはコントロールが良い投手なので、そこが聞けたらいいなと思います」

 8人兄弟だった曾祖父の血縁が阪神・西勇輝とつながっているのは、以前から知っていた。ただ、まさか、その遠縁の右腕と同じチームになるとは……。「動画を見て参考にはしていました。内角を突いたり、外の本当に厳しいところに投げたり、という動画をよく拝見させてもらっていました」。投球の「教科書」にしていた存在に、来年からは直接、質問をぶつけることができる。しかも親戚なのだ。これほど頼もしく、楽しみなことはない。西がここまで来られたのは、家族の支えがあったからこそだ。

 「お母さんには、お父さんが亡くなってから、本当につらい思いをさせてきたので、家に帰ったら“ありがとう”と伝えたいです。お母さん一人になってしまって、自分がプロ野球選手になって、お母さんに楽させてあげたいと思いました」

 一昨年10月11日、父・雅和さん(享年45)が亡くなった。野球を始めるきっかけをくれた父だった。一家の大黒柱を失い、悲しみにくれる母・美江さん(45)のためにも、プロに入りたかった。そしてこの日、その目標をかなえた。最高の親孝行となった。

 「強みはピンチになった時のピッチング。内角を思い切り突けるところとか、他のスライダー、フォークにすごく自信があるので、そこが自分の強みかなと思います」

 最速154キロを誇る直球、スライダー、フォークに絶対の自信を持つ。そこに西勇輝の制球力が加われば鬼に金棒。「沢村賞を取れるくらいの投手になりたい」という目標がが然、現実味を帯びる。(惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース