日本ハム栗山監督“連敗”ストップ 河野獲得に笑顔「左の先発は必要だった」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

河野の交渉権を引き当て喜ぶ日本ハム・栗山監督(右)と苦笑いのオリックス・西村監督(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 大船渡・佐々木の抽選を外した川村浩二球団社長からバトンを受け、オリックスとの一騎打ちで河野を引き当てた日本ハム・栗山監督は「去年の日本選手権もずっと見ていた。左の先発ローテーションはどうしても必要だった」と笑顔。

 今年購入した野球のボールが柄となったネクタイを初めて着用し、自身の抽選の連敗も5で止め「これ以上ないぐらい験担ぎをして初めて(当たりを)引けた」と頬を緩めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース