JR西日本・佐藤、ソフトBの1位指名に「頭が真っ白」 昨年日本Sは広島駅で動線確保

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

1位指名を受けて笑顔を見せるJR西日本の佐藤
Photo By スポニチ

 ソフトバンクに1位指名された佐藤直樹外野手(JR西日本)は昨年のソフトバンク―広島の日本シリーズでは大混雑の広島駅で、「警戒」と書かれた腕章をつけて選手の動線を確保していた。この日もJR西日本の駅員として広島駅で業務をこなしてから、ドラフト開始を待った。すると、予想もしなかった1位指名。「外れ」とはいえ、最高評価に「まずドラフトにかかるのかなと心配していて…。頭が真っ白になりました」。会見中は汗が止まらなかった。

 50メートル5・8秒の俊足と遠投120メートルの強肩が自慢の外野手。今夏の都市対抗にはJFE西日本の補強選手として、3試合で打率・429と打撃でも評価を上げた。午前中は駅員、午後から練習漬けの3年間を送り、1位指名をつかんだ。「足と肩は自信がある。まだ打撃は自信はないけど、三拍子そろったカープの鈴木誠也選手のような選手になりたい」と目標を語った。

 ソフトバンクの外野には柳田、上林らリーグ随一の布陣がそろうが、工藤監督は「うちは左が多くて右が少なかった。日本でトップクラスのリードオフマンになれる」と期待。サプライズはまだ序章。佐藤は「超一流の選手ばかり。そこに自分も追いついていけるようにしたい」と力強く語った。 (河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース