オリ、1位は興南・宮城 2位も高卒野手の紅林 福良GM「育成に力を入れていかないと」

[ 2019年10月18日 05:30 ]

2019ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

オリックス2位指名にガッツポーズする駿河総合の紅林
Photo By スポニチ

 オリックスは1位宮城(興南)、2位紅林(駿河総合)と将来性重視のドラフト指名となった。近年は即戦力を上位で指名する傾向が強かったが、福良淳一GMが6月に就任。中長期でのチーム再建が目標で、「育成に力を入れていかないといけない。高校生の内野手も獲れたし、(紅林は)サードでいかしたら面白いかな」と青写真通りの指名を振り返った。

 1位入札では石川、河野と2度抽選を外したが、外れ外れ1位で交渉権を得た宮城はMAX149キロの本格派左腕。U―18日本代表に選出され、ダルビッシュが自身のツイッターで「投げ方、球筋、総合的に好きすぎる。俺あんなピッチャーになりたかったわぁ」と賛辞を贈ったほどの逸材で将来性は十分だ。

 1位指名の直後に宮城は、母の礼子さんと握手。幼少期は、ユニホームを買えないほど困窮した家庭で育ち、「自分の特徴を生かし、若い選手たちに負けないようにしたい。子どもたちに夢や希望を与え、プロ野球を目指してもらう選手になりたい」と夢を語った。

 1位で高卒投手が入団すれば、09年の甲斐拓哉以来11年ぶり。今回は5人中3人が高校生で、社会人選手はゼロ。さらに育成ドラフトで8人を指名。新生オリックスを象徴するドラフトとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月18日のニュース