誠也 ノーステップ打法で先制27号ソロ 2年連続30本にあと3本

[ 2019年9月14日 16:08 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2019年9月14日    東京D )

<巨・広>4回2死、先制ソロ本塁打を放つ鈴木(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 広島の鈴木誠也外野手(25)が4回にチーム初安打となる先制27号ソロ本塁打を左翼スタンドへ叩き込んだ。

 巨人・沢村、広島・ジョンソンと両先発投手がともに好投し、お互いにノーヒットのまま迎えた4回だった。この回から巨人のマウンドが2番手の左腕・高木に代わり、2死走者なしで回ってきた第2打席。打席内で左足を上げたり、ノーステップだったりと試行錯誤しながら迎えたフルカウントからの7球目、内角直球をほぼノーステップで振り抜くと、打球は左翼スタンド前列に突き刺さった。

 鈴木の本塁打は9月4日のヤクルト戦(神宮)以来9試合ぶり。2年連続の30本塁打にあと3本と迫った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース