踏ん張りどころのソフトB 14日先発武田「何でも良いので勝たないと」

[ 2019年9月14日 05:30 ]

 札幌市内で行われた投手練習に参加したソフトバンク・工藤監督は「優勝争いをしている中、戦えることは野球冥利(みょうり)に尽きる。残り12試合、納得する形をつくらないといけない。踏ん張りどころ」と話した。

 前日に西武に雪辱して首位を奪い返し、優勝マジックが初点灯。きょう14日からの日本ハム3連戦は武田、和田、ミランダの先発陣で臨み、武田は「何でも良いので勝たないといけない」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース