阪神打線沈黙…中日・大野雄相手に6回までノーヒット

[ 2019年9月14日 16:14 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2019年9月14日    ナゴヤD )

<中・神>3回裏終了後、浜中コーチを中心に円陣を組む阪神ナイン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 猛虎打線が沈黙した。

 6回まで中日・大野雄の前にノーヒットに抑えられる苦しい展開。6回の攻撃では1死から梅野の遊撃へのゴロで京田が一塁に悪送球(失策)して出塁すると、続く上本の打席で二盗に成功。反撃の糸口が見つからない中、何とか突破口を開こうとしたが、1番の木浪が遊ゴロに倒れて得点は奪えなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース