DeNA快勝!筒香先制弾&ソト100打点到達 “燕キラー”上茶谷がヤクルト戦4勝目

[ 2019年9月14日 20:31 ]

セ・リーグ   DeNA7―4ヤクルト ( 2019年9月14日    横浜 )

2回無死、右越えソロを放つ筒香(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは2回に筒香の29号ソロで先制すると、6回に打点リーグトップのソトが今季100打点目となる2点適時打。今季ヤクルト戦3勝0敗と好相性のドラフト1位右腕・上茶谷が5回1失点で粘り、投打がかみ合って快勝を収めた。

 2回先頭の筒香が右中間へソロを放って先制。3回には大和、桑原の連打から1死二、三塁とすると、石川のボークで2点目が転がり込んだ。6回にも無死満塁の好機をつくり、佐野の右前適時打、ソトの右前2点適時打などで一挙5得点を挙げて突き放した。

 先発の上茶谷は5回102球を投げて4安打1失点。3回2死満塁のピンチでは山田哲を空振り三振に斬るなど、要所をしのいで今季7勝目、対ヤクルト戦は4勝目となる白星を挙げた。

 ヤクルトは先発の石川がボークで失点するなど精彩を欠き、6回途中5失点で降板。7月6日の中日戦から続いていた自身の連勝が5でストップした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース