「ぜひDeNAに入って」ラミレス監督、3年ぶりV目指すベイスターズジュニアへエール

[ 2019年9月14日 16:29 ]

<D・ヤ>ジュニアチームの鈴木監督(後列中央左)、選手たちと記念撮影するラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 今年12月に開催される「NBP12球団ジュニアトーナメント」に出場する、DeNAの「ベイスターズジュニア」の結団式が横浜スタジアム内で行われた。

 セレクションには、神奈川県内外から802人の小学6年生が参加。メンバーはその中から選ばれた16人で、監督を務める球団OBの鈴木尚典氏は「素晴らしい可能性を持った選手を選ばせてもらった。優勝を狙えるチーム。3年ぶりの優勝だけを目指して戦っていきたい」と意気込んだ。

 選手は三原一晃球団代表から任命証を受け取り、ラミレス監督にはそれぞれ帽子をかぶらせてもらった。

 最後に挨拶したラミレス監督は「皆さんの夢はプロ野球の選手だと思う。ぜひDeNAに入ってほしい」。大会に向けては「フィールドに出たら必ずベストを尽くすこと。そして心の底から野球をエンジョイすること。野球は素晴らしいスポーツ。一生懸命にやって、エンジョイして下さい」と語りかけると、16人の選手は目を輝かせて聞き入っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース