ヤクルト 大引 今季限りで退団 現役続行希望

[ 2019年9月14日 05:30 ]

ヤクルト・大引
Photo By スポニチ

 ヤクルトの大引啓次内野手(35、写真)が13日、今季限りで退団することが決まった。球団側が来季の戦力構想から外れたため、現役引退を勧告したが、本人は現役続行を希望した。

 シーズン後に自由契約となる。伊東昭光編成部長は「他球団に働きかけて、獲ってくれる球団があれば」と移籍先を探す方針。大引は日本ハムからFA移籍で15年に入団。プロ13年目の今季は70試合で打率・202、1本塁打、13打点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース