DeNA大和、死球で負傷交代 右足に145キロ直球が直撃 担架に乗せられベンチ裏へ

[ 2019年9月14日 20:28 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2019年9月14日    横浜 )

8回1死、死球を受け担架で運ばれる大和とベンチへ戻るラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA・大和が8回に右足に死球を受け、担架に乗せられて交代した。

 8回1死走者なしで打席に入った大和だが、ヤクルト・坂本が投じた初球の145キロ直球が足もとへ。これをジャンプしてかわそうとした大和だが、よけきれずに右足首付近に直撃した。

 大和はその場から起き上がれず、担架に乗せられてベンチ裏へ。代走・柴田と交代となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース