中日 柳 5回9安打5失点「打たれるべくして打たれた」

[ 2019年9月14日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1―7阪神 ( 2019年9月13日    ナゴヤD )

<中・神>3回表、序盤から打ち込まれ、マウンドで険しい表情の柳(右)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は先発・柳が13日の阪神戦で5回9安打5失点と炎上。勝ち頭は6敗目に「打たれるべくして打たれた。チームに申し訳ない」と頭を下げた。3回1死一、二塁から近本の中前適時打で先制を許すと、続く福留に3ランを被弾。4回も3連打で失点するなど「ストライクを揃えすぎた」と反省した。

 勝てば4位浮上どころか連敗となり、きょう14日にも8年連続のV逸が決まる。それでも与田監督は「いつも言っているように最後まで全力で戦う」と残り12試合に尽力することを誓った。

 この日は白井文吾オーナーがナゴヤドームを訪問。指揮官の戦いぶりを「予想以上に良い」と評価した。与田監督は複数年契約を結んでおり、来季についても「そういうことは全く議論していない」と続投が基本路線と強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース