DeNAソト、100打点到達に「キャリアの中でも初めて」2冠独走も「今は個人タイトル考えない」

[ 2019年9月14日 21:14 ]

セ・リーグ   DeNA7―4ヤクルト ( 2019年9月14日    横浜 )

6回2死二、三塁、ソトが2点適時打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNA・ソトがダメ押しの2点適時打。今季の打点を100に乗せた。

 5―1の6回2死二、三塁から石山の高め直球をはじき返し、右前に落ちる2点適時打。「自分のスイングで走者を還せてよかった」と試合を決定づける一打を喜んだ。

 来日2年目で初の100打点到達に「自分のキャリアの中でも初めて」と本人も驚く。打点、本塁打でリーグトップを走るが「今は個人タイトルのことは考えずに1試合1試合を戦っていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース