西武 松本航 自己最長7回0封 両リーグ新人トップの勝ち星に

[ 2019年9月14日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6―1ロッテ ( 2019年9月13日    メットライフD )

西武・松本航
Photo By スポニチ

 西武の松本航が7回2安打無失点で7勝目を飾った。

 7回はプロ入り後自己最長で、無失点で投げ終わるのも初めてだった。「要所でインコースに投げきることができてよかった。長いイニングを投げられてよかった」。5日のオリックス戦から走者がいない場面でもセットポジションにした。5四球を出しながらも、8三振を奪う力投だった。

 これでDeNA・上茶谷らを上回り、両リーグ新人トップの勝ち星となった。し烈な優勝争いの重圧もあるが、「次に向けてしっかり準備して、次も自分の投球ができるようにしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月14日のニュース